タイの新年 ソンクラーン

タイには正月が3回あります。
西暦の新年が1月1日、中国新年が旧暦の1月1日、それにタイの正月4月13~15日です。盛大にお祭りするのが4月でソンクラーンの水掛け祭りです。

バンコクでは、水掛け祭りも交通規制で、規模が小さくなってきています。
またバンコクは東京などと同じで地方出身者で成り立つ都市ですので、この期間は大勢がホームターンに戻りますので、日頃の交通渋滞が解消されて、バンコク周辺はスムーズに車が流れています。

今年はソンクラーンが明ける16日から妻とベトナムに行きますので正月はバンコクの家にいます。

そんなわけで、家の近くのショッピングモールに行ってきました。
ちょうど、タイの近隣十カ国からブッタの骨が集められて祀られていました。

画像


画像


写真の中央のガラスの容器の中に入っています。

十カ国は、ビルマ、タイ、ラオス、ベトナム、チベット、ブータン、中国、シンガポール、マレーシア、インドです。
残念ながら骨を見ることはできません。
一度ブッタの骨を見たことがありますが米粒ほどの大きさでした。
本当にブッタの骨か定かではありませんが?











この記事へのコメント

この記事へのトラックバック