タイのコイン

タイの通貨は紙幣の20,50,100,500,1000Bahtとコインの25,50サタン、1,2,5,10Bahtがあります。
1Baht=100サタンです。
サタンコインを使う場所はスーパー、コンビニエンス、公共バスで常時使用しますが、通常はほとんど使用しません。

また紙幣は、タイの物価等を考えると日常生活で使用するのは20,50,100Bahtが中心です。
1000Baht紙幣は街の小売店で使用すると必ずの小額紙幣がないかと尋ねられます。
タイの物価を考えると1000Baht紙幣は日本の10,000円以上の価値を持っています。

特にタイへ観光に来られる方は必ず両替を行いますので、両替時には2000Bahtぐらいを100Baht紙幣で受け取ることをお勧めいたします。
買い物のときに500Baht以上のときは、500Baht紙幣と組み合わせて支払うか1000Baht紙幣でおつりを受け取ることをお勧めします。

タイではコイン入れを持つことをお勧めいたします。
おつりにコインが多く使用されています。

今回はそのコインを皆さんに紹介します。
コインには表と裏がありますがタイの場合どちらが表で裏かは私にはわかりません。
日本のコインは日本国と表記があるほうが表と思うのですが?
しかしタイのコインは必ず国王の肖像があります。
タイでは私が思うところ、国王の肖像があるほうが表と思います。国王を裏面と考えることはタイ国民の感情からして考えられません。
タイのコインは通常は表面に国王と裏面に単価とタイの有名な寺院が彫刻されています。
間違いやすいコインが1Bahtと2Bahtです。お店によりおつりを間違えないように2Bahtコインにマジック等でマークをつけているところもあります。

画像

               コインの表

画像

               コインの裏

画像

               10Baht

画像

                5Baht

画像

                2Baht

画像

                1Baht

画像

                50サタン

画像

                25サタン

日本にいるときはプリペイカードまたはクレジットカードを使うことが多いので最近はコインを手にすることが少なくなってきています。
しかし、タイではカード類を使用できる場所が少ないので、どうしてもコインを手にする機会が多くなります。
観光で日本から来る人は、コインを覚えるのが面倒なために、支払いに紙幣を利用するので必然的におつりのコインがたまります。
コインは日本に戻るとき両替は出来ませんので、できるだけコインを覚えて支払いにコインを使用することをお勧めいたします。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック