トムヤン・ガイ(チキンのトムヤンスープ)

昨夜の夕飯にトムヤン・ガイを作り食べました。
美味しいトムヤン・ガイを作るのに問題がありました。

問題は鶏肉の選択です。
骨付きの水炊き用鶏肉が入手できれば良いのですが。
私の記憶が正しければ数年前に鳥インフルエンザがは流行ってからスーパーなどで鳥のぶつ切り骨付きがなくなったように思います。

昔は水炊き用に骨付きがありましたが今はボーンレス肉ばかりです。
骨付きの鶏肉はウイングと手羽先ぐらいです。
やはり、スープの出汁が出るのは骨付きもも肉です。
ボーンレスのもも肉では味が出ません。
したがて、今回は鶏がらスープの素を使用しました。
鶏肉は胸肉を使用してトムヤン・ガイを作り食べました。
骨をとったもも肉は腱が多く目立ちますのでスープにしたときの食感が変わります。
同じもも肉でも骨をとったものはこんなにも食感に違いが出るに驚きました。

今回のトムヤンのベースになるハーブ及び唐辛子はタイから半乾燥にして持ってきたものを使用しました。
タイのレモンは日本で入手できませんのでライムで代用しました。

ご飯にはチャーハンを作り、昨日の夕食はトムヤン・ガイ、レタスサラダ、そしてピータン豆腐でした。

参考までにピータン豆腐の作り方が大変に簡単ですので作り方を記します。

材料は ①絹豆腐 1丁  ②長ネギ  ③オイスターソース  ⑤しょうゆ ⑤ピータン です。
作り方は(1)はじめに③と④を1:1に混ぜてたれをつくります。
(2)長ネギは薬味ですので刻んでおきます。
(3)絹豆腐は1丁を8等分に切り分けます。
(4)お皿に豆腐を盛り付けてピータンはぶつ切りにして豆腐に乗せます。
(5)最後に薬味とたれをかけて出来上がり。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック