手打ちうどんを作りました。

タイで手打ちうどんを過去に何回か作りましたの今回は簡単に美味しく作ることを考えてチャレンジしました。

タイで売られている中力粉を使用しての手打ちうどんつくりに挑戦です。
前回までは日本での作り方で挑戦していましたが私なりには満足のいくうどんではありませんでした。
そこで今回は自分なり作り方を検討してのチャレンジです。
まず前回までの反省点は小麦粉の給水率が日本とかなり違いが有りすぎました。
日本の感じで加水しますと見かけの硬さはちょうど良いのですがゆであげたときに麺の表面に光沢が出ませんので小麦粉を練っている途中で何回か更に加水していました。
その結果表面の滑らかさと光沢は出るのですが、うどん独特の腰にむらを生じました。

以上のことから今回は思い切って水の加水も通常よりも多くしたり食塩の添加量を増やしました。
更に小麦粉をこねての寝かし時間を短めにして練り上げました。

タイ中力粉    500グラム
天然塩       10グラム
水         260ミリリットル

以上の配合にして捏ねあげました。
始めに小麦粉に水が均一に行き渡るように小麦粉を手のひらで全体が均一になるようにすり合わせるよう混ぜ合わせてから混ぜ合わせました。

表面が滑らかな団子状になるまで捏ね上げます。

次にポリ袋に入れて20分間生地を寝かします。

20分後に今度は全体重をかけて足で踏み捏ね上げます。

更に10分後に生地を伸ばし麺切りします。

私は手打ちのパスタも作りますのでパスタの麺伸ばし器でうどん生地を伸ばし麺線に切り分けます。

結果は今までになく表面が滑らかで腰のあるうどんにが出来上がりました。
今回は釜揚げうどんで昼食として食べました。

本当に今回のは美味しく出来上がりました。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村





手打ちうどんむさし・お試しセット【送料無料】
手打ちうどんむさし
内容量完熟半生讃岐うどん300g×2(6人前)かけつゆ×2つけつゆ×2醤油(100cc)付き賞味期限

楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック