タイに来ま専科

アクセスカウンタ

zoom RSS タイのよちゃんの知恵袋 銅鍋の汚れ落とし

<<   作成日時 : 2011/11/30 16:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1

お菓子作りではよく銅鍋や銅製のボールを使います。
カスタードクリームを作るときなどは、銅鍋でミルクを沸かし、銅製のボールでカスタードクリームを炊き上げます。

銅製品は熱の伝わりが均一でソフトに伝わるので、カスタードクリームが焦げたりせずに、なめらかなクリームを作り上げます。

ところが、そんな良い特徴を持った銅製品でも、銅は直ぐに汚れて、新品の時の様な輝きを失います。
昔銅のことを赤と呼んでいました。本当に素晴らし赤色の輝きです。

その銅も、保管や取り扱いが悪いと、銅の表面が直ぐに黒ずみ汚れますし、更に表面が緑青で覆われることも有ります。

その汚れを防ぐために、銅の表面に錫をコーティングしたものもありますが、直ぐに錫に傷がつき、銅の汚れが表面に表れます。

私にとって銅の思い出は昭和30年代の初めに小学校の校門に掲げる学校名を記した銘板を木札から銅製品に作り替えることでした。生徒たちは銅を学校に供出するために銅製品を拾い集めて学校に持ち寄り銅の銘板を造ったことです。

その当時は電線を張り巡らす工事が都内の至る所で行なわれていましたので、電線の切れ端を拾い集めたものです。

その結果学校の校門に銅製の銘板が出来上がり喜んだことを思い出します。

その時感じたのは銘板が時がたつに連れて汚れて行ったことを思い出します。

その当時は掃除当番で掃除しても銅の輝きは戻りませんでした。


話しは戻りますが、銅製品を使用して食品を作るときには、銅の汚れは大敵です。

カスタードクリームなどは、色が緑色に変色したり、金属的な味だ出たりします。


そこで今回は、簡単に銅の汚れを落とす方法をお教えいたします。

汚れを取るのに必要なものは各家庭にいつでも有る物を使用します。

それは食塩と食酢です。後は洗い物に使用するスポンジたわしです。


汚れ落としは非常に簡単です。

洗いたい銅製品に食塩を入れます。量は大きさにもよりますが直径が30Cmぐらいまでの鍋やボールでしたら、大匙2杯ぐらいの食塩と同量の食酢を入れます。

後はスポンジたわしで、汚れた部分を食塩と酢でただ洗うだけです。

初めに、鍋やボールの内側を洗い、最後に外側を洗います。

力も入れずに、簡単に汚れが取れます。

ただ、この後に一手間かけていただくと、洗って蘇った銅製品の輝きを長っく保ちます。

その方法は、洗った銅製品を水て食塩と食酢を綺麗に洗い流しタオルで水気を取ります。

水気をとった後に銅製品をガスコンロで火入れをして銅製品を乾かせば終了です。この工程をしないとまた直ぐに汚れてしまいます。


この方法は、意外に今の洋菓子職人には知られていないので驚きました。昔は良く銅製品をお菓子作りに使用していましたので、何時も綺麗にしていましたが、最近は銅製品を使うお店が少なっくなっていますので、忘れられているのかもしれませんね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スチームクリーナー
どこでも使える多機能スチームクリーナー大掃除で活躍!送料無料12,290円付属品充実で大ヒット中! ...続きを見る
スチームクリーナー
2011/12/20 18:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ツイッターでいつも教えていただき、ありがとうございます。
ニヤーイ
2011/11/30 17:42

コメントする help

ニックネーム
本 文

タイ関連リンク集

タイのよちゃんの知恵袋 銅鍋の汚れ落とし タイに来ま専科 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる