タイに来ま専科

アクセスカウンタ

zoom RSS タイのよっちゃんの知恵袋 四川風辣油の作り方。

<<   作成日時 : 2012/01/05 10:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイで生活して長くなると、一般の辣油ではピリ辛さの感じ方が弱っくなってきます。
また私の家族も辣油を入れたスープを作っても反応なしです。
それよりも、タイの唐辛子ピックヌーを入れたほうが辛くてタイ人向きですし、私も美味しく感じます。

そこで、今回、四川風の山椒を入れた辣油を簡単に作る方法をお教えします。

四川風辣油は、山椒のためにしびれるような辛さがなんとも言えぬ味に成ります。

使用する材料は次のようなものです。

日本では一味唐辛子と、山椒の実、サラダ油、ごま油、好みによりにんにくです。

家庭で辣油を作る場合は一般的にガスコンロを使用しますが、少量は作りづらうですよね。また、トウガラシ成分が台所に充満してしまいます。

したがって、一般には家庭で作らず、市販の辣油を購入してしまいことが多いと思います。

一般の辣油よりも家庭で作った辣油は風味の調製ができるので便利です。

日本の家庭には電子レンジがある家が多いと思います。

この電子レンジを使用して少量を作り毎回新鮮な辣油を使用すると良いと思いますので、今回紹介させていただきます。

材料
   サラダ油      50g 好みによりごま油をミックス使用。
   一味唐辛子     小さじ 2 好みにより増減
   山椒の実      小さじ 1 好みにより増減
   にんにくスライス  スライス 3〜4枚

作り方 小さな蓋付きの容器(耐熱性ガラス容器があると中身が確認できるので良いですね)

   @ 容器の中に材料を全部混ぜてしばらく放置します。目安は一味唐辛子が油を吸収した状態になる    までです。日本の場合は今は冬で気温が低いので10〜20分ぐらいです。

   A 油が馴染みましたら、電子レンジの再加熱で30秒加熱します。容器の中身を見て細かな泡が立    ち始めるまで、30秒の加熱を繰り返します。加熱終了の目安は一味未唐辛子とにんにくスライス
    に焦げ目が付き始めるぐらいが調度良いです。加熱は2〜3回で充分です。

注意点 電子レンジは、パワーの違いがありますので、こまめに状態を確認して下さい。また一味唐辛子が    焦げすぎますと苦味に成りますので、注意願います。

私はこの辣油で羽つき餃子を焼き食べるのが好きです。今日は夕食に酸辣湯スープを作るのに使用します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

タイ関連リンク集

タイのよっちゃんの知恵袋 四川風辣油の作り方。 タイに来ま専科 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる