タイバーツに両替をしま専科

これからゴールデンウイークに海外に旅行に行かれる方、計画中の方がいると思います。
あなたはそんな時に両替はどういたしますか?
私が成田を出国するときに多くの観光客が空港内で現地通貨に両替している人を見かけます。
旅行を計画しているあなたはどういたしますか?
日本での両替は日本語が通じるので簡単だと考えていませんか?
両替を行うときにどんな会話をしますか?・・・・・・ほとんど会話はありません。
日本では両替時に伝票に必要事項を記入します。 これは以外に面倒ではありませんか?

私は20数年前に一度だけ成田で両替をしました。US$を買いました。
当時は1$=約206円でした。

今回の旅行でタイに行かれる方は、日本で両替を行わないでタイの空港で両替を行いませんか。

両替の方法を伝授します。

①はじめに1万円を用意してください。(タイで使用する金額の一部です。)
②両替の窓口で担当者に1万円を渡すだけで、会話は要りません。相手はプロです。あなたが何を行いたいかはすぐにわかります。
③1万円を両替するための伝票は必要なしです。伝票は相手が作成します。
その時に金額が記入されているので確認してサインします。
④あなたがサインした伝票の控えとタイバーツが交換されます。
⑤交換場所はパスポートコントロールを出た後に手荷物を待つ間に簡単にできます。
通関後にも両替所はありますが、私はお勧めできません。手荷物等の置き引きに合うことが心配です。
⑥その後市内では日本人が行く観光地などに銀行も出先の両替所もありますし専門業者の窓口でも両替が簡単に行えます。

両替は空港で当座に必要になる分ですので1万円でOKです。(日本で両替するよりもレートは良いですが市内での両替よりは悪いです。)
またホテルでの両替はレートが大変に悪いのでお勧めできません。
銀行の窓口でも両替ができますが待ち時間が大変に長いのでお勧めできません。
銀行での両替を望むのであれば観光地や、繁華街にある銀行の両替専門窓口が簡単で待ち時間をありません。

タイでは昨年日本の1万円の偽札が出回りましたの担当者によりお札を確認するために時間を要することがあります。

現時点での両替レートは1万円で、3,045Bahtです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック