水掛け祭り

今日4月12日、タイの新年である水掛け祭りのスタートです。
日本では花まつりと言い仏様に甘茶を掛けるお祭りがあります。
私も、幼稚園で花祭りを祝ったことを覚えています。
今から50年以上も前のことですが鮮明にそのことを覚えています。

タイの水掛け祭りをソンクラーンと呼びます。
今朝は7時半から私の住む住宅地で托鉢のお坊さんにタンブン(寄進)をしました。
タンブンでお坊さんには私がタイで開発指導して作っているお菓子を寄進しました。
今回は写真をみていただきたいと思います。

画像

画像

托鉢が始まる30分以上も前からタンブンをする人が托鉢が始まるのを待っています。

画像

いよいよ托鉢の始まりです。

画像

タンブンに私が開発指導しているお菓子が利用されていました。嬉しく思い写真を撮りました。

画像

タンブンされる食品に一部です。ペプシ、からし菜のピクルス缶詰 、砂糖それにお米です。

画像


托鉢の時のタンブンにはお金を渡しません。ほとんどがお坊さんの生活に必要なものにします。

画像

現金のタンブンはお金を入れるタンブン受けがあります。

画像

托鉢僧の最後にお坊さんがお清めの水をタンブンした人に振りかけます。

画像

タンブンの現金は写真のお寺の改築の費用に充てられます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック