豚肉の滋養スープ

今晩の夕食のおかず「豚肉の滋養スープ」をつくります。
今回使用する豚挽き肉はタイのカルフールで1Kg79Baht(日本円で約210円で、日本の豚挽き肉よりも品質が良く脂身が大変に少ないのです。)です。


下ごしらえです。
始めに干し椎茸の中サイズ5枚をカップ2の水で戻します。
戻すときに砂糖一つまみを水に加えると、浸透圧の関係早く軟らかく戻ります。
また出し昆布を長さ20cmもカップ1の水で戻します。

椎茸と戻し水、昆布と戻し水を合わせて蒸し器で約50分間蒸し十分に椎茸と昆布のエキスと味をとります、このときに香草の根と梅干(南部産が塩味がよいようです)も加えておきます。
このスープは冷やしておきます。
エキスを取った椎茸と昆布は冷やし細かく刻み豚挽き肉にあわせます。

豚挽き肉350gとしょうがスライス3枚、長ネギ1本、香草2株の葉をフードプロセッサーで滑らかなペーストにします。

下ごしらえが出来ましたら最後に調理あわせを行い仕上げます。

豚肉のペーストに食塩4グラムと椎茸と昆布を細かく刻んだものと溶き卵1個をあわせます。
粘りが出てきたら椎茸と昆布の冷やしたエキススープ600ミリリットルを少量ずつ加えていきます。

最後に茶碗蒸しの容器に入れて再度蒸し上げます。

蒸し上げ時間ですが出来れば2時間ゆっくりと蒸しお上げる事をお勧めします。
最低でも1時間は蒸し上げてください。

蒸し上げたものは肉と黄金色した澄んだスープに綺麗に分かれます。
肉もソフトな肉団子状に固まりますので肉団子を食べながらスープを飲むような感じです。

食べるときに各自、胡椒と黒酢で味を調えます。



にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック