デュッセルドルフのビアーレストラン シューマッハー

ドイツ デュッセルドルフのシューマッハーは、アルトビールで有名だと聞きましたので、インターパーク終了後の夕方に訪問してきました。

夕方6時に店につきましたが、店内は満席、道路に面した外の立ち飲み席も満席で、店頭でまっていましたら、店員から中庭の席ならと言うことで案内されました。

店の中では、殆どの人がビールだけを飲んでいて料理を頼む人は少ないのに驚きました。
彼らのまずはビールとは、日本人では考えられない量を飲んだあとに最後に食事をするような感じでした。

まず席に着くなりメニューを要求して料理を選んでいる間に、ビールが運ばれてくるのには驚きました。

画像



ビールはビールをグラスに注ぐ人が一人で、中庭にいる御客の分を作っていました。

画像

ビールを次から次とお盆に次分けていきます。大変に手際が良いのと、見ているとグラスに継いでいる量がすべて同じなのにはマイスターの国だけあるなと関心。

料理は、アイスバイン(豚もも肉の塩漬けを茹でた物)ソーセージの盛り合わせを最初に注文。

画像


料理を待つ間は、アルトビールをただただ飲み続けるだけです。
ビールをお替わりするごとにコールターに鉛筆で線が引かれていきます。
ビールを飲むのは盛岡のわんこそば的で、グラスにビールが無くなるとビールの入った新しいグラスがテーブルに置かれます。

画像


画像


この鉛筆の線が一本グラス一杯に成ります。
かなり飲んだ頃に料理が運ばれてきまして、その後は料理を食べながらビールを飲み続けました。

5月は、ホワイトアスパラの旬であるとのことで、ホワイトアスパラを注文しました。あまりの美味しさにお替りを3回もしました。

画像


夕方の六時から飲み始めて、太陽が沈み空が暗くまで料理を食べビールを飲みトイレに何回も足を運びました。

わんこそば的なビールサービスをストップする方法はコースターでビールグラスを塞ぐのです。

シューマッハーで飲んだアルトビールの味は大変にうまかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

高嶋
2011年06月29日 14:46
突然失礼致します。
バンコクに合羽橋のような道具街がないものかと検索を続けるうち、こちらへ辿り着きました。
古い記事で恐縮ですが、以前ミキサーなどを調達されたという場所(通り)の名前などご教示頂けましたら幸いです。
不躾な質問、重ねてお詫び申し上げます。

この記事へのトラックバック