廈門のXiauDeng島の結婚式に行ってきました。

今回の中国出張は、仕事と社員の結婚披露宴に参加するためでした。
私どもの関連会社が厦門にあり、そこの女性事務員の結婚式に招待状をいただき。丁度中国出張に合わせて出席させていただきました。

結婚式は、新郎新婦の出身の小さな島で行なわれました。
この島は中国大陸と台湾金門島の間にあり戦時中は金門島に向けてスピーカーで放送を行っていた島だそうです。

画像

奥に見える島が台湾の金門島です。肉眼でも構造物が見えるので双眼鏡などを使えが、洗濯物を干しているのがわかるそうです。

画像

金門島に向けた放送を行っていた建物ですが、今はスピーカーは取り払われていました。


中国では一定の年令になってからの結婚を進めているそうで、若年者の結婚による優遇政策が受けられないようです。
特に、国の指導に則っての結婚のために、2週間の有給休暇が保証されるそうです。

中国ではTwitter、Facebookが使用できませんので、式の模様を随時TweetでUPしようと考えていましたが出来ませんでした。

今回の結婚式は4日間にわたり行なわれて、最終日の結婚披露宴に参列しました。
それも昼の部と夜の部に出席しましたのでその時の写真を交えてブログにアップします。

結婚式の最終日の儀式が、新郎が新婦の家に出迎えに行くところから始まります。


画像

新郎が迎えに来たことを知らせる爆竹と花火が打ち上げられました。花火は爆竹と連動していて爆竹の最後に箱に入った花火に点火49発が打ち上げられました。

画像

花嫁が家から出てきて新郎の家に向かいます。

画像



画像

花嫁の家から嫁入り道具が運びだされます。

画像


画像

花嫁は真っ赤なドレスを着て歩いて新郎の家へ向かいます。

新郎の家に到着後、午後から披露宴が開始され、更に夜の披露宴に進んでいきました。
本来ならば、昼の部だけに出席して大陸側に戻る予定でしたが、船止めで島から出られず島にもう一泊することに成り夜の部にも参列することに成りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック